化粧品原料

PROMINENCE®/GENESTAR®

合成マイカパール顔料 
PROMINENCE®(プロミネンス)

現在、パール顔料と呼ばれる多くのものは天然マイカをベースとしています。
しかし、このベースとしているマイカは天産物であるがために鉄などの有色不純物を含み、これが光沢、彩度、透過色等に影響し、すっきりとした理想的なパール光沢を得るための根本的な妨げとなっていました。
 
プロミネンスはこの問題を解決すべ<開発されたパール顔料です。ベースのマイカを天然マイカから合成マイカとすることで光沢等に影響を与える不純物を一切除き、パール顔料の本来持つその色調を純粋に十分発色させることが可能となりました。

 

特徴

・くすみがなく、くっきりとしてキレのある極白のパール顔料。
・彩度の高い干渉色。
・濁りのない鮮やかな透過色。
・様々な粒経のコントロールが可能。

 

PROMINENCE®の種類と性状

グレード タイプ名 色調・光沢
F(44~150µ) SF シルバー・強い光沢
YF 干渉色・強いゴールド
RF 干渉色・強いレッド
VF 干渉色・強いバイオレット
BF 干渉色・強いブルー
GF 干渉色・強いグリーン
RYF 着色・強いゴールド

※被覆している酸化チタンは全てアナターゼ型です。

 

 

 

合成マイカパール顔料 
GENESTAR®(ジェネスター)

現在、パール顔料と呼ばれる多くのものは天然マイカをベースとしています。
しかし、このベースとしているマイカは天産物であるがために鉄などの有色不純物を含み、これが光沢、彩度、透過色等に影響し、すっきりとした理想的なパール光沢を得るための根本的な妨げとなっていました。
  GENESTARはこの問題を解決すべ<開発されたパール顔料です。ベースのマイカを天然マイカから合成マイカとすることで光沢等に影響を与える不純物を一切除き、パール顔料の本来持つその色調を純粋に十分発色させることが可能となりました。

 

特徴

①不純物のない合成雲母を原料に使用し、くすみのない発色
②光沢、発色の高い粒径を制御し、最高の光輝性を出現
③透過光の干渉発色の向上
 ・パール剤の反射光は補色関係
 ・肌内部に入る光を自由に制御できる。

 

①天然雲母と合成雲母

天然雲母と合成雲母

不純物のない合成雲母を原料に使用することで、くすみのない発色を!

 

 

②粒子の制御と光輝性

粒子の制御と光輝性

もっとも光輝性(干渉発色、光沢)が高くなる粒子径!

 

 

③透過光の光の強さと色の鮮やかさ

粒子の制御と光輝性

品番 色調 粒度分布
400 干渉シルバー 15~100(μm)
410 干渉イエロー
420 干渉レッド
430 干渉ブルー